引っ越ししました。

セブ

おはようございます。6月も最終日になりました。ということはセブに来てからちょうど1か月が経つわけですね。ということは1年の12分の1が終わったということで、残りの人生がまた少し減ったわけですね。なぜこんな書き方をするかというと、わたしごくまれに死への恐怖感から精神的に落ち込むことが、ほんとうにごくまれにあるんですよ。この話を友人にしても笑われるだけです。そりゃそうか(;’∀’)

昨日はお休みでして、パシフィックセブリゾートから外のアパートへ引っ越しをしたところです。ついに一城の主となったわけです。契約を結ぶ前から、住む場所はリゾートの外がいいと希望を出していたので、希望通り引っ越すことができた感じですね。ゲートから歩いて5分程度の近場ですが、5分でも歩くと汗だくになります。これ本当にどうにかならないかな・・・

ダイブショップのスタッフ、パキットに手伝ってもらい荷物をすべて運んで片付けが終わったのは15時頃。写真を撮っておらず紹介できませんが、広くてその面では快適に過ごすことができそうです。ただ、問題が少なからずあってすでに頭を悩ませています。その問題の数々については近いうちにまたあらためてブログに書こうかと思いますが、いや~~~~どうしよう(;´Д`) 引っ越したはいいがやっぱりリゾートの中で大人しく住んでいたほうがよかった気しかしません。。。

引っ越しが終わってから夜マクタン島の橋の近くにある日本食レストラン、萬里へ向かいお友達と一緒に晩御飯。

やはりBASAKや橋付近の渋滞がひどく、なかなかに時間がかかります。この慢性的な渋滞はいつか解消されるんでしょうか。

わたしが2002年に初めてセブへ来た頃から知り合いのその友人は、セブで長年NPOを運営しボランティア活動に積極的に取り組んでいる方です。個人的にボランティア活動に興味があるので、仕事が落ち着いて余裕が出てきたらわたしも何か手伝いたいと思ってるんですよね。問題は仕事にいつ慣れていつ落ち着くのかってことです(´;ω;`)

1か月ぶりに日本食を食べました。うまいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいもう箸が止まらないやめられないたまらんんんんんん! おでんの画像しかありませんが、他にも巻きずしや餃子、あんかけ焼きそばなどなどごちそうの数々。萬里さんは13年ぶりくらいにたぶん行きましたが、味は変わらず美味しいの一言です。もっと近場にあったら毎週行くのに・・・マクタン島のなかでも若干僻地に住んでいるので毎週は難しいですね・・・

コメント