母ピンチ

ブログ

昨日の夜、リゾートで仕事をしているときに法事で大分の実家に帰っていた母親からライン通話がかかってきました。

母   「ちょっと!明日帰らないかんのにタクシーも予約できないって言われて途方にくれてるんやけどどうしたらいいの!!!」

台風がちょうど九州に迫っているのは一昨日あたりに知ってはいました。うーん多分欠航になるんじゃないかな・・・という気配ではありました。そして直撃コースの模様。

OMG

しかし3000キロ以上離れたわたしではなく、できれば日本に住んでいるわたしの兄弟に助けを求めてほしいと若干思わなくもありません(;’∀’)

元々わたしのアカウントを使ってANAで母のチケットを取っていたので、まずはメールをチェックしてみます。

OMG!!!

でもまあ予想通りですよね。。。

6日の夜に欠航になっていない大分⇒名古屋便への振り替えもできそうでしたが、夜遅いためそこから岐阜の実家までたどり着くことが母にはできなさそう。どうしよ・・・

6日から7日へ振り替えました。そして母に連絡。

わたし  「明後日の朝の同じ時間の便に振り替えたから大丈夫」
母    「は?? 本当に?? 私はどうすればいいの??」

というわけでチェックイン用のバーコードと予約詳細もスクショで母のLINEに送り、流れを説明しました。これでなんとか母は明日の朝家に帰られる、はずです。。。ほんとに大丈夫かな・・・(;´Д`)

まあ65を過ぎても最近多少旅慣れてきている感じですし、なんとかなるでしょう。

しかしこうやって3000キロ以上離れた場所で母のチケット変更やら連絡やらを簡単に行えるというのは、つくづく便利な時代になったなあと思わざるを得ません。便利すぎるかもしれませんね。未知へのワクワク感とか、そういったものはこれからも徐々に薄れていくのかも。

そういえば、現在フィリピン近くにも小型台風が発生しています。

一昨日くらいにチェックしたときよりも西よりに進路が変わってますねえ・・・
これはいけませんねえ・・・ゴクリ・・・

神様お願いします、適度に加減をしてください・・・!!

コメント