永遠にダイエットが不可能な職場

ピザでみんなにっこにこ セブ

セブに来てから全く痩せることができておらず、意識してオートミールを食べよう、とか自分なりに食事に気を付けているんですよ。夕食のライスは少なめにしようとか。

しかし毎日オフィスでは豪勢な食べ物が届けられるので一向に減量できません。

昨日の午後はピザでした。

ジョネリン 「シンヤさん!ピザがきたよ!レックスが注文してくれたの!」
わたし   「でもさっきご飯食べたばっかりじゃないかな??」
ジョネリン 「でもピザよ?? 食べましょ!??」

デリバリーピザはリゾート内に入ってくることができないので、わたしが自転車でゲートまで受け取りにいきました。ピザ2枚でお値段300ペソ。安い!

お兄さん忙しいのにごめんなさい。

そしてオフィスに持ち帰りみんなで食べました。こりゃ太るわ・・・

セールスチーーーーーーーム!

後ろのダンディーな男性は、最近新しく入ったグラフィックデザイナーのヘンリーです。
先日見学に行ったシャトーバイザシーのマーケティングマネージャーから紹介してもらったのです。彼女の旦那さんとのこと。

って、ここに行ったのつい1週間くらい前のことなんですが、すでに面接が済んで勤務開始してるってどんだけスピーディーなんでしょうか?汗

わたし  「ねえ、ヘンリーは家どこなの?」
ヘンリー 「遠いよ、コンポステラ」

!!!????

むちゃくちゃ遠いんですが・・・

わたし  「ここから毎日通うってそれって可能なの?ぽっしぶる?」
ヘンリー 「バイクで1時間半くらい、渋滞だと片道2時間かかるよ。まあ普通だし」

普通ってなんなんだろう・・・普通の定義って・・・

ヘンリー 「ここのユニフォームは基本全部白だろ? バイク通勤するときに絶対汚れるから、途中のジョリビーのトイレで昨日は着替えてきたんだ。 トイレに入る前は真っ黒で出るときは真っ白だから、周りのお客さんたちがびっくりしてたよ、ははは」

いやそんなん絶対大変でしょ(;^ω^) ダイビングプール横のシャワー付き着替えスペースの存在を知らなかったようなので教えてあげました。とても喜んでいました。

片道1時間半、クレイジーな運転をするローカル民に交じってバイクを毎日運転する気概も技術も体力もなにもわたしにはありません。徒歩5分アパートでよかった\(^o^)/

セブブログ
スポンサーリンク
シェアはこちらからどうぞ。
Sをフォローする
セブっていいとも!

コメント