管理人ついに3連休をゲットしてしまうの巻 中編

トレッキング セブ

31日:山へ

友人がこの日も前回のように山へ連れていってくれました。
日本でもたまに山登りやトレッキングをしていたわたしですが、セブでも簡単なトレッキングを楽しむことができることを知り大興奮( ^)o(^ )

うちのアパート裏手の川です。

朝7時すぎに自宅を出発し、まず向かった先は昨日訪れたマクタン島のカフェ。もちろんタダのワッフル目当てですごめんなさい。

友人  「カフェなんだから朝から空いてるよねもちろん」
わたし 「そりゃそうでしょ、コーヒーなんて朝に一番飲みたいんだから」

空いてませんでした。。。

コーヒーショップなのに朝8時を過ぎても開店しないのは一体どういうこと?(´;ω;`)
仕方なくセブシティーへ移動して友人が行きたがったカフェで休憩。

Welcome to COFFEE BAY

かなり高級感あふれるたたずまい。お値段もそれなりにしてふたり分のコーヒーとチョコレートワッフル1つでお会計480ペソ。スタバと同じくらいな感覚です。アイスコーヒーはおいしかったし、なによりワッフルがうんまい!

チョコレートワッフル180ペソ。

ふたりであっという間に食べつくし、休憩もそこそこに本日の目的地へと向かいます。
というか今日はどこに行くんだっけ・・・?

たどり着いた先はこないだ行ったSirao Gardenへ続く道の途中から登ることができるトレッキングコースでした。

なだらかな丘が続きます。
3ショット。

目的地をよく知らずクロックスのまま来てしまったわたし、スタスタと登っていく友人について行くだけで必死です。

トレッキング
はあはあ・・・
はあはあ・・・ちょっと待って・・・
し、しんどい・・・(;’∀’)

行程は30分にも満たないくらいでしたが結構きつめな勾配でわたしにはちょっとキツかったです>< 息を切らすわたしの前方で友人は穏やかな呼吸のまますたすたと登っていきます。すごくない?(;’∀’)

登りきるとそこには素晴らしい景色が。

マクタン島まできれいに見えます。
ギンモチイイ!

こりゃええですわ~☆

本日もブルーでまとめております。

帰り道、カラバオが木陰で休んでました。

涼しそう。

カラバオはフィリピンに生息する水牛の一種です。

沼沢水牛は東南アジアを中心に飼われる役用水牛で,体型は野生のアジアスイギュウに似るが,はるかに小型で体重は雄約670kg,雌約450kg。フィリピンのカラバオcarabaoはさらに小さく雄520kg,雌450kgくらいである。角も三日月形で長大であるが,野生のものに比べれば小さい。

https://kotobank.jp/word/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%90%E3%82%AA-1293377

友人が必死に歩くわたしの姿を激写していました。

疲れてくると前を向けなくなります><

いや~~~~~、それにしても気持ちよかったあー!!
もっと家の近所でこういう場所ばあればなあと思わざるを得ません。友人がいなかったらたぶん自力では来られません(;’∀’)

31日-2:ストロベリーファームへ

フィリピンとイチゴというのはわたしの中では全く結びついたことがなかったのですが、涼しい地方で栽培されているそうで、セブ中部の標高がやや高いこの地方でもイチゴ栽培が小規模ながらも行われており、イチゴメインのカフェがありました。

とりあえず記念撮影。

イチゴをテーマにしたデザート類が人気のようで、ローカルっぽい観光客でにぎわっていました。わたしたちはイチゴマンゴフロートを注文。

たしか150ペソくらいだった気がします。

味は、まあ普通のマンゴーフロートにイチゴが乗っかったなあ。としか言えません(‘ω’)ノ
いや、普通に美味しかったです。コーヒーとともにいただくことをお勧めします!

ピンクの圧が強いです。

通りかかったらまあ一度立ち寄ってみてもいいかなと思います♪
わたしたちは注文しませんでしたが、他にもイチゴチーズケーキなどインスタ映えしそうなメニューがたくさんありました。イチゴシェイクとか。女子グループがきゃっきゃ言いながらあちこちで写真を撮ってましたから、一定の人気があるスポットなんだと思います。

コメント