連休・・・それはとても大切なもの・・・後編

セブ

先週金曜日、SMシーサイドに行ったときにとあることに気づいたんですよ。

わたし  「あれ、あれって水族館?」
友人   「そうだよ」
わたし  「もう一般公開されてるんやっけ?」
友人   「されてるよ」

おお・・・せっかくここまで来たんだったら観てみたい!
というわけで急遽水族館に行ってみることに(^^)/

どん曇りなので暗いです><

SMシーサイドから徒歩2分程度。連絡通路的なものはありませんので、雨のときは大変そう。チケット売り場にたどり着き料金をチェックすると、ローカル600ペソ/人・それ以外の一般客800ペソ/人と表示されています。こういう外国人プライスっていまだに理解できません。

わたし  「じゃあふたりで1,400ペソかあ・・・」

結果よく分かりませんがわたしも600ペソで入れてくれました\(^o^)/
英語で喋ったのでローカルではないことは明白だったと思うのですが・・・おまけしてくれたんだな!と勝手に解釈しておきましょう!☆

入口付近には記念撮影コーナーが設営されてました。クロマキー合成でいい感じの写真を何枚か撮ってもらうことが可能です♪
しかし入口の前にありそしてチケット類の提示が一切求められませんでしたから、入場チケットなしでぶらりと立ち寄ってタダで写真を撮ってもらうことがきっと可能です。いいんやろかこんなんで(;^ω^)

撮ってもらった画像は専用サイトにアクセスし、もらったパスワードを入力してダウンロードします。いい時代になったもんです。

セブ初の水族館、果たしてその実態はいかに・・・!???

ここは水族館・・・?

ハナダイの仲間。

入場してすぐのエリアは屋外エリアになっていて、小さめの水槽が並んでる感じです。
このような魚やエビなど地味目な展示がつづきます(;´・ω・)

こ・・・鯉

これ鯉ですよね・・・?
う、う~~~~~ん・・・鯉かあ・・・(;^_^A
他のお客さんたちもあまりくいついていないようで素通りする姿が多く見受けられました。こ、この後に期待しよう・・・!!

足を進めると、なぜか突然鳥さんコーナーに。

わたしの顔がホラーチックなのはご容赦ください><

水族館なはずですがなぜか鳥(主にインコ系)が展示されており、開放エリアもありました。ここは一体!?

これインコですよね?

なんだか新鮮だったのでこれはこれで楽しかったです!(^^)!

ときはインスタ時代、そこかしこでセルフィーを撮りまくるお客さんたちの多いこと多いこと。鳥エリアもそうですが、あらゆる場所で写真を撮ってます。人によってはゴミ箱と一緒に撮ったりエスカレーターをバックに撮ったりもう意味が分かりません。

水族館ぽくなってきました

鳥エリアを抜けると、ようやく普通の水族館っぽい光景が。

全体的に色がへんなサンゴ汗
サンゴの色おかしくないですか・・・?汗

サンゴってこんな色だったっけなあ・・・ダイビング中にこんなカラーリングな光景あまり見たことがないんですがどうなんでしょうか?(;’∀’)

金曜日ということでそれほど混雑しておらず、ゆっくり見てまわることができました。

怖い><
友人が撮ったチンアナゴ。撮るのうまいな・・・

さらに足を進めると、BIRD SHOWエリアに突入。すでに終わりに近いタイミングでした。。。

名古屋港水族館のイルカショー会場を思い起こします。

お客さんたちはとても盛り上がっていたので、初めからちゃんと見ればたぶん楽しいんだと思います♪
ここからさらに進むと、おお、やってまいりました!

ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーム!

これですこれ、こういうのを観たかったんですよ!

ドドドドドドドドドド
マダラトビエイを必死に撮る友人

このエリアが一番人気があるようでした。バードショーが見終わったお客さんたちでたちまち混雑。

このトンネルエリアはとてもよかったです!(^^)!

この後に控えるのは、この水族館では最も大きい水槽です。

このあともっと混みました。

小さい魚主体ではありますが、まさに水族館。

この段差の上にのぼって写真を撮るお客さん続出。

最後はお土産屋さんコーナーでフィニッシュです。

値段チェック忘れた><

規模は小さく、日本の水族館に慣れているとたぶん物足りないっぽいですね(;’∀’)
観光客料金が一人800ペソ=1,800円くらいです。
ちなみにイルカショー・シャチ・ペンギン・巨大水槽などなどそろっている名古屋港水族館の一般料金が2,000円であまり変わらないことを考慮すると、

う、う~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん・・・(;´Д`)

わたしは思いました。
友人にぜひいつか日本の水族館を観てほしいと。

日本からの観光客の方たちに自信を持ってお勧めすることはできません!
が、セブ滞在が長い方でしたが気分転換にはいいんじゃないかなと思います♪

コメント